パトラッシュには敵わない

また観ちゃったよー、名作アニメ一挙放送。
しかも今回は「フランダースの犬」
「母をたずねて三千里」も良かったけど、やっぱりパトラッシュに敵なし。
前回以上に号泣。

ちょっと前に、
木村くんが、フラダンス教室と犬を見かけて、
何だか急に「フランダースの犬」が観たくなっちゃう、みたいなフレッツのCMがあったっけ。
ラストシーン、木村くんはティッシュで涙を拭いてましたが、
私はタオル持参。
ティッシュじゃ足りないもんで(^_^;)。


******


実際のところ、私は「フランダースの犬」をリアルタイムで観た記憶はなくて、
子供の頃に再放送とかで観たような観ないような、
登場人物と大まかなストーリーくらいなら何となく・・・な感じでした。
でも、この数週間、気付けば頭の中で、
♪ランランッラ~、ランランッラ~、とネロとパトラッシュがスキップ。
息子のお弁当作りながら、着替えながら、食器洗いながら、
♪ランランッラ~、ランランッラ~、と口ずさむ日々。


・・・そりゃ1日に10話も観てれば、口ずさみたくもなるわい。


******


前半は、時折小さな出来事があるくらいで、
貧しいながらも幸せに暮らしているネロとおじいさん。
でも、回を重ねる毎に、
ネロの純粋な健気さ、おじいさんの寡黙で温かな優しさ、
そして強さと弱さが身に沁みて、せつなくて。

・・・で号泣(TOT)

特に、おじいさんの死から最終回までは本当にヤバかった。
おじいさんが亡くなって傷心のネロに追撃ちをかけるように、
濡れ衣を着せられ、町の人たちからの信頼も仕事も失うネロ少年。
世の中、いい人程、一生懸命な人程、世間に解ってもらえなかったりするものなのね・・・。


あああ、もう母さん、観ていられないよぅ(/_;)。


息子曰く、
「ネロはいい子過ぎて、オレはちょっとダメだなー」
だそうだ。
確かにネロはいい子過ぎる。
あんなに優しくて頭が良くて真面目で働き者で気が利く子供なんて層々いない。
パトラッシュだって、前世はきっと人間だ。状況を理解し過ぎてる。

でも、あたしゃ、キミにネロ程のいい子になってくれ、なんて言わない。

なんだかんだと言いながら、
テーブルの下に隠れて、こっそり涙拭ってたキミも十分いい子だから。



******



いつの日か、息子が大きくなって独立して、私独りになったら犬を飼うの。
名前はもちろん“パトラッシュ”よッ(≧▽≦)
パトラッシューッ、僕たちはいつでもいっしょだよーッ。

・・・軽い開き直り。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント