ドームシティ de マジボウケン vol.2

さてさて、息子とも無事合流し、新戦隊「轟轟戦隊ボウケンジャー」のプレミア発表会会場のプリズムホールへ。
う~ん、思ったより人が少ないなー、と言うのが正直な感想。
去年って、移動するのも大変な程ごった返してた気がする・・・。
2日目だからかなー。
ま、動きやすくていいんだけど。
それはともかく、「デカレンジャー」のマシンドーベルマンが展示してるじゃありませんか!
はああ、やっぱりデカはかっこええのぉ。写真。写真。
すっかり個人的趣味に走る母。
おもちゃの新製品に目移りし、バンダイブース直行の息子。
ちょっとー、置いてかないでよー。待ってよー。

整理番号は比較的早い方だったので、前から7,8列目位の席をゲットできました。
でも、周りは望遠のでっかいカメラやビデオカメラを抱えた大きなお友達ばっかり。
案の定、ウチの小さなお友達は、途中「見えないからもういい・・・」とふてくされておりました(^_^;)。
そういえば、私達のすぐ近くにいた大きなお友達。
ステージに向って叫ぶ、というか話しかける?て感じですねぇ、ありゃ声援じゃないよ(-_-;)。
役者さん達も苦笑い。周りもかなり引いてましたな。
世の中にはいろんな人がいるもんだッ。

途中、ちょっとふてくされていた息子も、さすがにマジレンジャーのメンバーが出てきた時には身を乗り出して、いよいよ本調子か?
ウチのチビは、デカの時から《ピンク》好き。
初めて見る本物芳香ちゃんの可愛さに照れてるのか、なにやらニヤニヤ。
全くもー、しょうのないヤツめー。

「ボウケンジャー」のメンバー、思ってたよりいい感じですな。
最初テレビで観た時は正直「えー???」て思ったけど、レッドくんもカッコイイし、女の子チームも結構かわいいじゃないっすか。
息子に、誰がかっこいい?と聞いたら、即答「ピンク!」。
やっぱりぃ~?
でも“かっこいい”より“かわいい”じゃないの?
息子曰く、「かっこよくてかわいい」んだと。
はあ、そうですか・・・さすが、ピンク好きだ。

それにしても、レッド大集合は圧巻でしたねぇ。
あらまー、こんなにいるんだー、てくらい出る出る。
息子が戦隊モノを観るようになってから、サイトやヒーロー大全集みたいな本を見るようになったので、名前は何となく知ってるけど・・・正直スゴイのもあります(^_^;)。
「バトルフィーバーJ」の存在を知った時の衝撃(“笑”撃?)。

バトルコサック。
ミスアメリカ。


でも、ある意味ちょっと観てみたい。

ワタシは何故か「デンジマン」の主題歌を覚えている。
♪デン、デン、デンジマ~ン
ああああ、歳がバレるぅ。




テレビで戦隊モノを観始めたのが「デカレンジャー」だったので、それ以前のシリーズはあまりよく分からないけど、戦隊シリーズが30年も続いているなんて。
きっと私が子供の頃も、今の息子のように真剣に観てたのかなー。
「デンジピーンク!」とかって変身したりねッ。
恐らくまた一年間息子と一緒に観ることになる30作目の「ボウケンジャー」、ちょっと楽しみになってきたかも(^◇^)。

で、発表会の後、アクセルーラー(変身するヤツかな?)なるものをまんまと買わされてしまった母でした・・・。
だろうな、とは思ってたけどね。とほほ。


長くなったので、スカイシアターは次回ってことでッ。

ドームシティ de マジボウケン vol.1

今年も、東京ドームシティでの新戦隊プレミア発表会&俳優出演スカイシアターの季節がやってきました。
なんがかんだ言って、やっぱり行ってきちゃったデス。
こうなりゃ、ワタシもすっかり戦隊オタクの仲間入りよぉ。

約1年ぶりの東京ドームシティ。
去年のデカレンジャーを思い出す…(-_-)。
結局デカは何回観に来たんだっけ?
それにしても、デカレンジャーは凄かったなー。
特に3月の最終日。あの列は正直、ありえねぇ。
過去最高の動員数だったというのも納得です。
ドームシティについてあの列を見たときのショックはでかかったよ。
朝始発で行ってもあれですからねぇ…(^_^;)。
最終日でなくても追加追加で、恐ろしいことになるだろうなと多少は予想してたけど。
それだけデカレンは凄かったんだなー…。しみじみ(-。-)y-゜゜゜。

・・・なーんてことを思いながら、いざ後楽園へ。
マジレンジャーの素顔バージョンは行ったことがなかったので、どれくらいの込みなのかまるで判らん。
とりあえず子供は後でばあちゃんに連れてきてもらうことにしたので、身軽なワタシ。
おお。東京ドーム久しぶり~。なんか懐かしいなー。よく並んだなー。
どれどれ。人はどんな感じかしら?

・・・んんん???
あらら、こんなもん?
なんか余裕じゃん?
Aブロックとかいけるんと違う?
時刻8:22。
整理券配布は9:30頃とのこと。後1時間かー。キツイ。

久々に京極堂でも読もうかと思って持ってきた本も、寒さでページがめくれず、却下。
ていうか、後ろの中学生くらいの女子二人組があまりにもうるさくてさ、本を読む気にもならん。
二人して自分のことを「俺」って言うなー。
みんなそうなのか!?近頃のお嬢ちゃんは!?
学生の頃、自分を「僕」と呼ぶ女の子は何人かいたけどねー(大抵アニメ好き)。

待っている間に、係のお兄さんが「1回目の整理券まだありますよー」と言っていたので、お手洗いに行くついでにちょっとのぞいてみた。

…Dブロック。

こりゃ、4回目じゃいい番号期待できそうだf(^_^;)。
いざ、整理券をもらってみるとブロックなしの120番代。
最前列いけちゃうかも~(._.)。

整理券をゲットして、ようやく寒さから解放されたワタシ。
ケンタッキーへ直行よーッ!
ホットコーヒーとシナモンロールをオーダーして、冷えた身体を暖める。
焼きたてシナモンロールがホカホカで超うまい~~!
カーネルおじさん、ありがとうぉぉぉ(ToT)。





おっと、そろそろ息子が着く頃なので、つづきはまた今度。

そうそう。
待ってる間、ヒカル先生と魁ちゃんを目撃。
私達がゾロゾロ並んでる人並みの横を普通に歩いてスカイシアターに入っていきました。
それってありなの???
普通過ぎて、街で見かけてもわかんないわ、多分(-_-)。

この期に及んで、「BLEACH」再炎なのだ。

というワケで、早速ですが、
全くタイムリーなネタじゃないけどとりあえず書きました第一弾。

伊藤陽佑くん出演のロックミュージカル「BLEACH」東京公演でやんす。
かなり前の話になっちゃいましたが、せっかく行ってきたので、書かせて頂戴なー。

いやー、凄かったねぇ。
去年の夏も行ったんだけど、予想以上にバージョンアップ。
“再演”じゃくて“再炎”ときたもんだ。炎です、ほのお。
一緒に行った息子も大興奮ッス(BY浦原喜助氏)。
あれじゃ、BLEACH好きちゃんも俳優好きちゃんもハマっちゃうの判りマス。
とにかく、皆さんカッコよろしい。
っていうか、みんな超ソックリ(だと思う・・・)。
特に死神さん達。
コアな方は判りませんけど、かなり実際のキャラに近いので「実物みたい~\(゜ロ\)(/ロ゜)/」みたいな感覚・・・なのなの?違うの~?ふむふむ(・o・)。
「今日で○回目~」みたいな人ばっかだし。
かく言うワタクシも2回観に行きましたけどッ。

前回は「BLEACH」という代物を何も知らずに観に行ったけど、今回のワタシはちと違いますぜ、ヨースケの旦那。
年末にやったケーブルテレビのアニメ一挙放送、子供と一緒にしっかり観て、予備知識もバッチリですッ(^_^)v。

席は前から10列目の隅っこ・・・のはずが、ビデオ撮影のカメラが入ることになって急遽席が変更。案内された席は4列目のど真ん中。
あら~、スミマセンねぇ。失礼しま~す。ほほほ。
てな具合で、ヨースケ殿もよーく見えました。
喜助氏、前回は下駄だったのに今回は草履(かかとストラップ付き)なのね~、なんて割とどうでもいい発見をしてみたり。いえいえ、これも立派なバージョンアップ、ですな!

全体的にストーリーも判りやすくなった感じだし、
時間的にも、結構長くなったよね、かなり。
ヒーロー好きのウチのお子ちゃまにも、純粋に”カッコイイ”と映ったらしく、かなり真剣に見入ってました。
基本的に、設定がカッコイイんだろーな、「BLEACH」って。
原作もちょっと読んでみたくなったですよ。マジで。

それにしても、ヨースケくん、またしても歌うまくなったねー。
柔らかくてのびやかな声に、またしてもディーブラスターくらっちゃいました、て位にオイラはメロメロでございます。
ヨースケくん、どんどん進化しますなあ。ふう(-。-)y-゜゜゜。
息子は息子で、吉井怜ちゃん演じる井上織姫ちゃんにホレたらしく、(会場で買わされた)織姫の写真を、毎日枕元に置いて寝ています・・・。

大幅にバージョンアップされた、最後のショーも楽しかったよ。
あれは総立ち、なの?やっぱり。
『ほな、サイナラ』は息子も一緒に踊るし(もちろん超テキトー)。
っていうか、客席のコアな方々はバリバリ踊ってました・・・(^_^;)

しかし、お芝居にしても音楽にしても、やっぱりライブはいいっすねー。
迫力、緊張感。空間と時間の共有。
今まで、お芝居とか観に行く機会の少なかった私が、伊藤くんがきっかけで少しずつ足を踏み入れ始めたお芝居の世界。今ではすっかりハマっちゃいました。



結局会場で予約しなかったけど、再炎のDVD買っちまおうかなー。
でも、あたしゃアニメイトに足を踏み入れる勇気がないっす・・・(=_=)


最後に。
永山くん、息子の名前を覚えててくれてありがとう(*^_^*)。
感涙デス。うふ。

ココロ入れ替えます。

近頃、ほとんどブログの更新をしてないワタシ。
12月は4回、1月に至っては過去最低の3回ときたもんだ。

これじゃ、いかん!!!
で、ワタシ、決めました。
ココロ入れ替えます!!!
当初の目標週2回、とはいかないけど、それに近いくらいまでは頑張るぞい。
つまんない短い記事でも、とりあえず更新しちゃうもんねッ。
確かに仕事は忙しいし、休みは休みで子供の行事やらでのんびりできる日も少ない。
休み前日の夜に更新することが多いんだけど、最近は夜起きていることすらできないのよねー。やっぱ、もう歳かしらー???

というワケで、今までとりあえず書いたはいいけど、リアルタイムじゃなくなったんで更新しなかった記事とかも出しちゃうことにします。えへ。

早速、次回から始めるよ~ん。
第一弾は、ロックミュージカル「BLEACH」でやんす。

雪ニ想フ。

今日、東京にもこの冬初めての雪が降りました。
ずっと都内に住んでいるので、子供の頃から雪で遊んだ想い出がほとんどない。
だから、雪が降ると未だにちょっと嬉しくなっちゃったりしちゃうワケです。
積雪の多い地方の方には切実な問題だと思いますが・・・スミマセン。

凛として透き通った空気。
積もった雪は、細かくて柔らかいフンワリとした感触。
うーん、なんか気持ちいいかも。

一昨年の年末にすごい雪が降って、あの時はチビとめちゃくちゃ遊んだっけなー。
二人がかりで雪だるまを作ったり、雪の中にダイブしたりしてね。
楽しかったなー。

そんなことを思い出しながら、いつもよりもちょっとゆっくり家路を歩く。
息子と同じくらいの、小さな長靴の足跡を見つけてこっそりニヤけたり(怪しい・・・(-“-))、
わざと、人に踏まれていない新雪のところを歩いたりしながら。


家の前に着くと、小さな雪だるまが二つ並んでた。
玄関を開けるなり、息子が言った。「ママ!雪だるま見た???」




たまには雪も悪くない。
この雪が解けて、次の日の通勤がめんどくせーなーとかそういうのは抜きにしてね。


今更ですが・・・

どーもです。
大層遅くなりましたが、今年初更新でございますデス<(_ _)>。
とは言っても、あたしゃ元日から仕事だったもんで、年末だとかお正月だとかまるで実感が湧かなかったでやんす。
しかも、1月2日だけお休みして、後は7日までずーーーーっと普通に出勤ときたもんだ。
信じられねぇ。

ウチのチビッコ、幼稚園で、冬休みの想い出の絵が描けなくて困ってんだろーなー。
でも、かーちゃん仕事しないとアンタにおもちゃの1つも買ってあげらんないからさー。
ごめんよォォォ(ToT)/~~~。

なーーーんちて。



元日の出勤といや、最悪だったっすよ。
朝9時、人通りもまばらな静かな街を虚しくチャリ通勤。
タダでさえやる気ないのに、オフィスのプリンタが激しく紙づまりやがる。
あたしゃ、プリンタのメンテしに仕事来た訳じゃないんだっつのーーーッ。
それでも古い洗濯機のような轟音をたてて、何度も止まるプリンタ氏。
そう、まるでワタシの今年の運勢を占うかのように!!!





ああ、アタシの人生紙づまり。





その後、風邪ひいて腰痛が悪化して古畑任三郎観て吾郎ちゃん観て。
なんか気が付けばいつも通り。
もう11日かー。早ッ。
あ、今週末は、伊藤くんの舞台「BLEACH」じゃん。伊藤くーん、息子と行くよー。
今年こそは伊藤くんのブログにトラバするぞー。


という訳で、今年もヨロシク(^◇^)

しめくくり。

今年最後の更新。多分。
つーか、今月4回しか書いてないじゃん、アタシ。
最初の頃は、目標週2回!なんて張り切ってたくせに。

ま、言い訳するワケじゃないけど、毎日仕事が忙しくてさ。
やっと休みだー、と思っても子供の行事だとかいろいろある訳ですよ。
子供が熱出すわ(前回記事参照デス)自分に伝染るわ、正直ヘロヘロです。
だって、1月1日も仕事なんですぜ。
全くもってアリエナイザーッ!!!

・・・あ、そうそう。
そんな中、今回初めて年賀状を自分で作成しましたデス。
忙しいとか言ってる割には、チマチマ作ってんじゃん、アタシ。
初めて作った割にはうまくできたと思うよー。

・・・自画自賛

ええ、そうです!自画自賛ですとも!
しかも、調子に乗って2種類作ってたりして~。
でも、プリントした時点でなんだか満足しちゃって、その後全く手をつけず現在に至る。
私の年賀状が皆様のところに到達するまで、地球が5回転くらいしちゃうかもねッ。




そんな訳で、(どんな訳だかわからんが)今年ももう終わり。
今年もいろいろなことがありました。

息子と二人、いろんなところに出掛けた。
いろんな”初めて”を経験した。
新しい友達ができた。
仕事中心になりつつある自分が嫌になった。
涙が出る程嬉しいこともあった。
吐き気がする程ツライこともあった。

また来年、楽しいこと嬉しいこと幸せなことが、今年よりもっとたくさんありますように。

息子にも。
私の友人達にも。
そして、なんとなくこの記事を読んじゃったあなたにも。

ヨースケライブvol.2・・・母はツライよ。

12月17日土曜日。
お待ちかね、伊藤陽佑ライブ。
ピッタリ定時に仕事を終えて、いざ渋谷へレッツらゴー!
一人で行くのはツライけど、楽しみだなー。
そうだ。今日は晩御飯食べられないから、おやつでも食べておこーっと。
クッキー、ポリポリ。

その時、外線が鳴った。
自宅にいる私の母から。
「大変なの、R(息子)、熱が39.5度あるのよ~!」

さ、39.5度ォォォ!!!???

39.5度・・・って、四捨五入したら40度じゃないか!!!
だってだって、今朝は普通に元気だったよね?
な、なんでぇ?なんでなのぉ???
っていうか、なんで今日なのぉぉぉぉぉぉ (ToT)

暫し会社を抜け出し、急いで病院へ。
ばあちゃんに連れられて先に来ていた息子は、私を見つけるなりポロポロと泣き出した。
よしよし、遅くなってごめんね。もう泣かなくて大丈夫だよ。

血液検査を終え、戻ってきた息子が朦朧としながら私に言った。
   「ママ、一緒に帰れる・・・?」
私 「ママ、心配で急いできたから、まだお仕事の服着たままなの。
   着替えてくるから、おばあちゃんと先に帰ってて。」
息子「・・・でも、ママ今日どっか行くんでしょ((涙)ポロポロ・・・)」

・・・・・・葛藤タイム(-ё-;)・・・・・・。

私 「・・・い、行かないよっ。こんなお熱のRを置いて行く訳ないでしょっ」
息子「ホント?よかった・・・」



『行かないよ』・・・・
『行かないよ』・・・・
『行かないよ』・・・・?
くぅ~~~っ、言っちまったァ。『行かない』って言っちまったよォォォ。
ホントに行かないのね?いいのね?ワタシ?



かくして、あんなに思い悩んだ挙句、漸く一人で行く決意を固めたヨースケライブ、

結局、行けませんでした!!!

やっぱり息子が一番大事。
辛い時、一緒にいてあげなきゃいけないのは、やっぱり母親である私だから。
君を置いて一人でライブに行こうなんて、私が悪かった。ごめんね。
半券を切られることなく残ったチケットがちょっと虚しいけど、それもまたよし。

という訳で、
伊藤くん、本当にごめんなさい。
こんなワタシの一人や二人行けなくたって痛くも痒くもないでしょうが、私的には結構ヘコんでます。
なので、全くもって超個人的な事由により、
またライブやってください。


今度は行くぞ。
・・・・もちろん、息子の許しを得たらね。


ライブで飲んだくれる予定だったので、息子が眠ったあとにビールを少々飲んでみた。
飲んだくれるどころか、すぐ眠くなっちゃって、いつもより早く寝ちゃったざんす。
とほほ。


ヨースケライブ・・・

今週の土曜日、伊藤陽佑くんが初ライブをするそうな。
このワタクシ、伊藤くんの晴れ姿、この目でしかと拝見させていただきマス!!!

・・・・・。
・・・・・。

・・・・・でもさ、誰も一緒に行ってくれる人がいなくてさ。
行くかどうかすんごく悩んだわけ。
ライブハウスなんて、今までの人生で過去2回しか行ったことないしさ。
これまでのワタシにとっちゃ、相当縁遠い世界であるわけですよ。
でもでも、伊藤くんの初ライブとなれば、行かないわけにいかないっしょ。
で、決めました。

こうなりゃ一人で行くよ!あたしゃ!!!

でも、絶対居心地悪くて、手持ち無沙汰で、どーしましょって感じなんだろーな。
ビール飲むくらいしかすることなくて、一人で酔っ払ってたりして。
やっぱ、ライブハウスなんて一人じゃ行かないよなー、フツー。
今回のライブ、単独じゃないから、他のミュージシャンも多々出演するでしょ。
正直、全員知らないし。
単独なら、それ相応に大きなお友達がたくさんいるんだろうケド。
ま、それも結構キツイか。ははは。

あああ、恐ろしく不安だわ~(ToT)

何処かのココロ優しいヨースケファンの方、暇そうに飲んだくれてるロンリーなワタクシを見かけましたら、どーか愛の手を差し伸べてくださいまし。



飲み過ぎて、トイレ行ってる間にヨースケの出番が終わってた、なんてことがないようにしよ。

最近のツボ

マクドナルドのエビフィレオ。レギュラーメニュー切望。
ファミマのフライドチキン。正直、あのチキンより旨いです。
SMAPつよぽんの髪型。かなり、かわいい。
「最強の白取さん」
NEWYORKHATのキャスケット。ツイードの継ぎはぎがキュートで一目惚れ。ほとんど毎日愛用。
息子がたまに唄う探検隊の唄。歌詞は意味不明。
イトウヨースケの写真。松田一輝氏ブログ参照。なんだかいつもと違うヨースケ。でもやっぱりヨースケ。白シャツでアップのヤツ。
写真は載せられないけど。


以上、最近のツボでした。

ランドdeクリスマス

先日、東京ディズニーランドに行ってきたでやんす。
パークはまさにクリスマス一色。
どうっすか、このツリー。
個人的には、これが一番好き。実はドナルド派。






















はああああ、いいもんだねぇ、クリスマスっちゅうのは。

・・・・・。
・・・・・。

つーか、混み過ぎです!!!
平日なのに、みんな仕事とか学校とか休んで来てんの?
あたしゃ、ちゃんと公休よ、公休。息子だって幼稚園振休よ。
決してサボってはおりません!
ま、まあ、そんなことはいいとして・・・。
ひとつショックだったのは、朝8時半過ぎにパークに着いたのに、プーさん一味が出没する朝食に間に合わなかったこと。プー好きの息子をなだめるのが大変だったよ。
いくらなんでも、開園30分で終了は早過ぎね?
それだけ混んでたってことね・・・。トホホ。

でもその後は、息子をなだめすかして抽選させ、ショーの中央鑑賞エリアを無事ゲット。
パレードもほとんど待たずに結構いい場所で座って見れました。
人が多い割には、ファストパスもスムーズにゲットして、結構順調だったかな。
少し早めのクリスマス、充分満喫してきました!

あああ、ここに来ると不思議とまた行きたくなっちゃうのよねー。
今度はSEAに行きたいなー。
だってこっちはビールも飲めるしさー。これ重要。

時間とお財布に余裕があったら、また行くぞー。

まとめ

お久しぶりです。
またしても、更新できない週間が続きました。
書きたいことはたくさんあるのだけど・・・寒さが凍みる今日この頃、身体がついていかないのねぇ。とほほ。

近頃の我が息子、来月の劇の発表会で、王様の役を仰せつかったそうな。
クラスでも前から2番目のチビッコが王様。ウチのコが王様よ、奥さん!
超楽しみ~。
悪いね、親バカで。

そして、愛しの伊藤陽佑くんはといいますと、映画「姦C」の撮影に勤しんでいるのでしょうなー。
こっちも超楽しみ~。
悪いね、ミーハーで。
ヨースケと言えば、太秦のイベントはよかったなー。かれこれ一ヶ月程前の話になりますが!
長くなりそうだから、書かないけどねー。ヨースケ話はまた今度。
それにしても、やっぱりヨースケは良いねッ。

そうそう、先週の「アストロ球団」、映ってたよ、エキストラで。
エキストラも何度か行ったから、もしかしたら気付かないところで映ってたのかもしれないけど、今回のは確実。しかも剛史くんアップの真横。ひゃほう。

■おまけ■
秋らしく、近所の紅葉の写真も入れてみました。

















ちょっと変わった実だったので激写。
・・・木の名前?
もちろん、知りません





・・・以上、そんな11月。

寝言?

やっと息子を寝かしつけ、ゆっくりスマスマでも見ようかと立ち上がろうとした瞬間、
ニヤリと笑って息子が言った。










「ただの石かと思ったぁ」



起きてるのかと思ったぁ。

伊藤くんオメデトウ。

なんとなんと、伊藤陽佑くんが映画に主演するそうなッ!!!
おめでとう――――\(^◇^)/
主演――――!!!主演→主役→主人公。当たり前――――!!!

遠藤一平監督、タイトルは「姦C(かしましい)」。
エロトラバされそうな、ちと怪しいタイトルだけど、痛快青春バラエティだって。
・・・ちょっと安心。ハハハ。
なんかよくわからんけど、ネット配信から劇場公開とかなんとかかんとか。
しかも林剛史くん共演。素敵過ぎマスッ。
もう既にクランクインしてるみたい。
楽しみだのぉ。ムフ。

映画も決まって、舞台もやって。
頑張ってるなー、伊藤くん。スバラシイ。
嬉しくて泣けてくるよ、あたしゃ。

・・・でも、今まで通り、やさしくていつも笑顔で、程よい人気(?)ヨースケくんでいてくださいまし。お願い。

息子と京都二人旅紀行 vol.5

画像
暫く休み、一息ついた後、夜のライトアップが始まったばかりの高台寺へ行くことにしました。

バス停から高台寺までの結構な坂を上り、やっと“ねねの道”に到着。
ここから既にライトアップされ、ぼんやりとした明かりがめちゃめちゃ幻想的。
なんだかちょっとした異空間。

ライトで照らされた石段を登り、境内へ。
高台寺へは過去に1度来たことがあったけど・・・こんなに広かったけ?
丁寧に手入れされた庭園や池の周辺の木々も美しくライトアップされて、とてもキレイ。
最初渋っていた息子も「なんか超ろまんちっくじゃーん」だと。
ちょっと人が多くて、もう少しゆったり歩けるといいかな、って感じだけど、それでも素晴らしく美しかった。
一通り歩いた後、息子がせがむので、入り口近くの茶店で休憩タイム。息子はアイスクリーム、私は3色餅を注文。磯辺、きなこ&あずき、しそ&うめで3色。小さいけど結構イケました。

その後は、案内のおじさんに聞いた“ねねの小径”から“石塀小路”を抜けてバス通りまで行くことに。
石塀小路はいかにも京都って感じで、なかなかよござんす。
案内のおじさん、ありがとー。
うおおおお、こんなところにこっそりさばちーにがあるぅ。(サバティーニってあのサバティーニよね?やっぱり)
こういう所にひっそりと佇む料理屋とかって、やっぱり一見さんお断り~みたいな感じな訳?よくわからんケド。

ホテルに戻り、暫くダラダラしてたけど、さすがに息子も眠くなったみたいね。
お風呂に入れてコロンとさせたら、10秒で爆睡。
子供を寝かせてからの、このくつろぎタイムが最高なのよね~。さあ、ビールビール!
夕食をろくに食べてないから、ちょっと酔いが回ってしまった・・・。

翌日は一日太秦映画村。
帰りの新幹線まで結構遊べるはず。
映画村では目的があったので、また別の機会に更新予定どすぅ。

そんな感じで、息子と私の1泊2日初二人旅もいよいよ終わり。
太秦映画村には結構ぎりぎりまでいたので、新幹線に乗るまでかなりバタバタしちゃったけど、なんとか間に合った・・・。お土産見る時間もあんまりなくてさ。とほほ。
でも、本当に楽しかったよ。
息子もよく頑張った。ホント偉かったよ。息子にも感謝です。ありがと。
太秦でもいい想い出ができたしねッv(^-^)
行けちゃうもんです、京都。
できちゃうもんです、5歳児と二人旅。

あれから息子は、“京都”に敏感になり、街で“京都”の文字を見つけては騒ぎ、“京都”という言葉を聞く度に「今誰か京都って言った?」と反応する。
息子にとっても、二人だけで遠くに行くっていうのはかなりの大事件だったのかも。
また機会があったら行きたいなー。本当に。

あーあ、結局VOL.5まで書いちゃったー。相変わらず端的に書けないのよねー。
・・・・ま、いいか。



映画村での目的・・・・・・それは、あのヒトです。

息子と京都二人旅紀行 vol.4

画像
鈴虫寺は、京福嵐山駅前からバスで15分程の場所にありました。

長い石段を登ると、幸福地蔵と呼ばれる草履を履いたお地蔵様が出迎え、思っていたよりもこじんまりとした境内と・・・・・・・んん???
・・・・・・・・行列???

私も初めて来たので、事情がさっぱり判らず、とりあえずその行列に並びました。
どうやら、お堂に上がって説法を聞くため、前回の説法が終わるまで待っていなければならないらしい。
聞くところによると、この鈴虫寺は、京都でも“行列のできるお寺さん”で有名だそうな。
土日祝日など、多いときは3時間待ちなんてこともあるとか。
何故そんなにたくさんの人が訪れるのか???
石段を登ったところで私達を出迎えてくれた幸福地蔵というお地蔵様は、お参りした一人一人にそれぞれの願いを一つだけ叶えてくれるお地蔵様なのだそうです。
自ら歩いて一人一人の願いを叶えに行くため、このお地蔵様は草履を履いているのだとか。

結局20分程待って、お堂に上がり、お茶とお菓子を頂きながら住職の話しを聞きました。
鈴虫の声を聞きながら、鈴虫寺の由来から私達が普段心がけること、そして幸福地蔵の正しいお参りの仕方など、様々なお話を聞くことができました。
時折冗談も混ぜながら、とても柔らかい口調で話す住職のお話はとても興味深く、なんだか気持ちが安らぎ穏やかになるような、そんな時間でした。来た甲斐がありました。
息子も、じっと住職の話しに聞き入り、お参りの仕方も熟知した様子。
念願のお守りを買い、住職に言われたように、二人でゆっくり丁寧にお参りし、鈴虫寺を後にしました。

少し嵐山界隈を歩こうかと思っていたけど、息子も少し疲れたみたいだし、日も暮れてきたので、一先ずホテルに戻ることにしました。
鈴虫寺から京都駅までバスで約1時間。
気づけば、息子は熟睡中。私も少しうとうと・・・。
バス1時間乗って運賃¥270。激安。

ホテルに着き、ブーツを脱いで足を伸ばす。サイコー!!!
シングルだから部屋は広くないけど、チビと添い寝で泊まる分には申し分なし!
早速、持参したぬいぐるみとデカレンジャーのフィギュアを並べて満足気な息子。
ええい、ビール一本飲んじゃえーッ。
息子のカルピスウォーターと乾杯だー!!!

休憩して、暗くなってきたら、ライトアップの高台寺に行ってみよっか。

息子と京都二人旅紀行 vol.3

懲りずに、まだ続くよ。

おばんざいランチを満喫した後は、トロッコ列車に乗るため、トロッコ嵯峨駅へ向うことに。
しかーし!
張り切る私を他所に、なんだか息子の眼が遠くを見てる・・・。いや、見ていない。何処も見ていない。
今朝は早起きだったからなー。お腹いっぱいになったし、さすがに眠くなるよねぇ。
私の前に立ちふさがり、両手を広げて“だっこしてくれ”と無言のアピール。
ダメだ。だっこなんかしたら5秒で眠っちゃうぜ、こりゃ。

トロッコ列車は、赤と黒の外観と、車内のベンチ型の長いすがなんとなくレトロ。観光地に来たなー、って感じ。大きな窓から吹き抜ける風が心地いい。
嵐山から保津峡、亀岡。渓流に沿って高架を走る。結構高い。
もう少し時期が遅かったら紅葉とかキレイだろうなー。初夏もいいなー。
息子は、時折睡魔と闘いなからも、かなりリラックスなご様子。車窓からの景色というより、列車に乗っているということに満足しているみたい。
でも、トンネルは怖いらしく、トンネルに入る度にギュッとしがみ付いてくる。
かわいいヤツめ。フフフ。
途中、記念撮影のお兄さんがやってきた。ポラロイド撮影とアルバムセットで¥1000なり。仕上がりを見たら、まあまあ良いではないか。迷ったけど、結局購入。
えええーい、初二人旅記念じゃ!!!
亀岡から折り返し列車に乗り、往路は嵐山で降りた。約50分の列車の旅。私的にはなかなかよござんした。息子は・・・あああ、またお土産屋。とほほ。

トロッコ嵐山駅から竹林を抜けて京福嵐山駅まで歩き、駅前からバスで鈴虫寺へ。
これ、計画通り。鈴虫寺へのバスの時間もチェック済みですぜ、旦那!
久々に歩く嵯峨野の竹林は、思ったほど人も少なく、とても静か。通りまでの短い距離だけど、息子と二人、手をつないでゆっくりゆっくり歩いた。
高校を卒業した春休み、一日かけて親友と歩いた嵯峨野。なんだかとても懐かしい。
息子は、以外な程とてもいいコで歩いてる。
いつもなら、すぐ疲れただのだっこしてだの言ってくるのに。
二人で他愛のない話をしながら、のんびりゆっくり、ただ歩いてるだけ。なのに、なんだかすごくシアワセで暖かい気持ち。
「ママ、なんかハッピーだね」息子が言った。
うん。ママもすごくハッピーだよ。

鬱蒼とした竹林を抜けると、天龍寺の庭園が見えた。
少し行くと左手に野々宮神社。ここは縁結びの神様でめちゃめちゃ有名だよね。
実は私、昔ここでお参りしてお守りを買ったことがあるんだけど、かなりご利益があった。
よし、ここはまたしても神頼み!!!人生やり直すぞーーー!!!
という訳で、お守りゲット。お参りもきちんとしましょ。
息子に「なにお願いしたの?」と聞いたら,
「この街に平和が来ますように、ってお願いしたよ」というお返事。
返す言葉がない。
・・・・母、ややヘコむ。

そうこうしているうちに、バスの時間が迫ってきた。
次は、念願の鈴虫寺だーーー!

息子と京都二人旅紀行 vol.2

さて、ついに京都に到着した私達ご一行様(2名)。
現在時刻10:20。
よし、時間はまだ早いぞ!
まずは、嵯峨野トロッコ列車のチケットをゲットだ!
レッツラゴー!!!

・・・あれぇ、息子行方不明。
と思ったら、お土産屋さんの新幹線グッズコーナーに座り込み、おいでおいでしてる。
もおおおお、早速ですかい?まだ改札も出てないですよ、お客さん。
彼のお目当ては、新幹線が2両連結したチョロQ。
そういや、新横浜で新幹線ストラップを欲しがった息子に「じゃあ京都に着いたら買おうね」なんて言っちゃったっけ。さっきもじゃがりこを誤魔化したしなー・・・・。
むむ・・・・仕方あるまい。じゃ買っておいで。
ああああ、母、敗北
・・・しかし、1000円は高くね?

やっと改札を抜け、気を取り直して、みどりの窓口へ。
心配していたトロッコ列車のチケットも難なくゲット。土日は結構一杯だって聞いてたけど、やっぱり平日だもんね。息子も楽しみにしてたみたいだから、よかったねッ。
――――って、おーい、聞いてるかー。チョロQに夢中ですけどぉー。

荷物を預けるため宿泊先のホテルに向う。
途中、駅前で、例の三冠王ディープインパクトの応援旗にメッセージを書こう!みたいなのをやってて、なんとなく書いてみた。競馬は詳しくないけど、名前くらいは知ってますぜ。タフィー(だっけ?)のシールを貰い、息子も大喜び。いや、このシール結構かわいいっすよ。タフィーくんが動きます。

駅から3分程のこのホテル、そう大きくはないけど、新しくてキレイ。隣りの隣りはコンビニ。しかも酒あり。これ重要ね。
チェックインを済ませ、荷物を預けたら、身もココロも軽くなって、いざ嵐山!!!
時刻11:10。

嵐山へは京福電車、というイメージしかない私。京都→四条大宮→京福電車→嵐山・・・。
四条大宮まではどう行こうか。地下鉄は今まで乗ったことないけど、四条まで行けばいいのかなー。とりあえず地下へ。
こらこら、そこのボク。本屋で立ち読みしてる場合じゃないぞ。
念のため駅員に聞いてみると、バスで四条大宮まで行けるよ~、とバスの系統番号を教えてくれた。駅員さんも京都弁。当たり前。
で、結局バスの一日乗車券を買って四条大宮まで行き、7,8年ぶりくらいに京福電車に乗った。一両の路面電車。道路の真ん中がちょっと高くなってるだけのそんな駅もあったり。
昔通勤でよく乗った世田谷線を思い出した。木造の無人駅の雰囲気がなんだかちょっと懐かしい。車窓から見える古い街並みは東京とはまるで違うけど・・・。
息子は初めて乗る路面電車に興奮しつつ、車とぶつかっちゃうよー、と心配そうに窓の外を見てる。でも、嵐山に到着すると、「この電車面白かった!」と目を輝かせてました。
おおお、久々、嵐山駅。どんな駅だったか全然憶えてなかったケド。えへ。
しかし、駅(の中?)に足湯ができてるとはねぇ・・・。

さて、時間もちょうどお昼時。
嵐山駅界隈は後で見るとして、出発前に調べておいた(大して調べてないけど)おばんざい屋でランチにしますか。
ランチの後は、お待ちかね、トロッコ列車だよ!

・・・・ねぇ、もしかして眠くなった?



つづく!!!

すみませんけど、当分このネタですから。

息子と京都二人旅紀行 vol.1

あー、やっと更新できた。
別にサボっていた訳ではございません。
今月はなにかと忙しい日々が続いておりまして。実に20日ぶりの更新となりました訳でやんす。
何がそんなに忙しかったかと申しますと・・・
まあ、どうでもいっか。
うん、どうでもいい、どうでもいい。

そんな慌しい毎日を過ごしておりましたワタクシでございますが、
実は、先日京都旅行(いえ、一泊なんですケドね・・・)
に行ってまいりました~。しかも、息子と初二人旅!!!パチパチパチ~。
って拍手するほどの事でもないかもしれませんが、
東京からの二人旅(アンド5歳児)としては結構チャレンジな訳です。しかも京都。仕事仲間にも散々言われました・・・。いいじゃないかー、私は行きたいんだ、京都に!!!

しかししかし!行ってこれちゃうもんだな!
フフン、どーだ、参ったかーーーッ。

新横浜(新横浜から乗車でもオイラは一応都民なのさ)朝7:53発の新幹線。
前日はちと緊張して眠れなかったから、睡眠時間は約4時間。当然眠い。
たっぷり眠った息子は、早起きにも関わらず超ハイテンションで、「オレに任せとけ」くらいの勢い。頼もしいぞ、我が息子!
ホームで新幹線の到着を待っていると、私達の前に一人で並んでいた年配のおじさまが声を掛けてきた。名古屋まで行くと言うその優しそうなおじさまは、息子に「僕はいくつ?」などと話しかけ、乗車の時は私達を先に乗せてくださいました。
いやはや、紳士ですな~。
座席は二人席の窓側。通路側では、サラリーマンがぐーすか軽いいびきをかきながら熟睡中だ。
息子は、窓の外を眺めては、あの建物が面白いとかあの山が凄いとかトンネルが怖いとか、久しぶりの新幹線に興奮気味のご様子。うんうん、私もとっても楽しいよ。
息子が「ママ、なんかハッピーな気分だねッ」なんて屈託のない笑顔で笑うと、あたしゃ、なんだか泣いちゃいそうだよ。嬉しくてさ。
ワゴンサービスで大好きなじゃがりこを見つけると一転、ワゴンが通る度に「じゃがりこじゃがりこじゃがりこ・・・・」
私「あのワゴン、じゃがりこなんてなかったよ。コーヒーしかなかった」
息子「ええええ、下の方にあったよぉ」
私「ああ、あれはワゴンを運んでるお兄さんのおやつなんだよ。お兄さんだって、ずっとお仕事してるとお腹すいちゃうでしょ。その時にこっそり食べる用のおやつなんだよ」
息子「えええ、そうなの???」
私「そうだよー」
息子「なーんだ」
・・・・納得したのか?

名古屋が近づき、さっきの紳士は降車の準備を始めた様子。
それに気づいた息子が手を振ると、その紳士は私達のところまで来て、「僕、いい旅をね」と言って息子の頭をなで、名古屋で降りていきました。
ははあああ、最後までなんて紳士なお方だ!
そうしてる間に、途中、隣のぐーすかサラリーマンも下車して、京都までゆっくりのんびり快適に過ごせましたとさ。

さてさて、いよいよ京都到着です!

つづく!!!
―――って、つづくのぉぉぉ???