あしたのために、その1

毎日がつまらない。
朝、子供を学校に送り出し、自分の支度をして9時に家を出て仕事に向かう。
特別忙しい訳でもなく、暇な日もある。適度な仕事量だ。
定時の18時に仕事を終え、帰宅。
子供の宿題を見たり、遊びに付き合い、お風呂に入れて就寝。
子供が寝てから少し自分の時間を、と思うけど睡魔には敵わない。身体が動かない。
そしてまた、朝がやってくる。

『○○くんのママ』。
そう呼ばれるのが少し不満だ。
確かに私は『○○くんのママ』だけど、私にだって名前がある。
私は私だ。
名前で呼んでくれるのは、会社の同僚と昔からの友人だけ。
時々、『○○くんのママ』ではなく、『私』でいたいと思うときがある。

恐らく10年ぶりくらいだろうと思う。
想いを寄せる人ができた。
もちろんその想いを伝えることもなく、当然、一方通行。
30過ぎて、とてつもなく恥ずかしいけれど。
でも、この時の私は『○○くんのママ』ではなく、紛れもない『私』自身だ。
届かないだろうメールの着信を待ち、一日中携帯ばかり気にしている自分。
気休めに占いばかりやって、携帯のパケット料金が前月の倍になってしまった。

何かを変えたい、と思う。
ヘアスタイルを変える。5kgダイエットする。
見た目だけでもいい。何かが変わらなければ。

昔、失恋をして、本当に最悪な毎日を過ごしたことがある。
私は、どうにかしてその人の気持ちを変えたかった。
でも、私は気付いたのだ。
変わるのは、変わらなければいけないのは、相手ではなく、自分なんだと。

その人への想いが報われなくても、今はいい。
この先、ずっと子供と二人でも構わない。
でも、覇気のない今の自分が嫌。
同じことの繰り返しではない毎日。
『○○くんのママ』ではなく、『私』自身を必要としてくれる誰か。
私を『私』と認めてくれる存在。


***********


何かを変えなきゃ。
どんな些細なこともいい。
今日と少し違う明日になるために。

いつもと違う道で仕事に向かう。
「疲れた」とか「面倒だ」と言わない。
時に、気楽に構える。
いっぱい笑う。
ご飯、八分目。
年齢を気にしない。
依存しない。
息子がいてくれることに感謝する。


さて、手始めに美容室の予約、入れようかな。

スマップ賞、当たったよ!!!

ポカリスウェットのACTIONキャンペーン、
念願のスマップ賞をゲット!!!
やった~ッ(^◇^)

9回目で当選しました。
・・・って、結構早かったのかな。

いやっほう(V)o¥o(V)
楽しみだわーい。

協力してくれた会社のみんなも、ありがとね!

画像

悪の権化、かもよ。

オイラの脳内メーカーの結果。






悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪。
金金金。
欲欲欲。








アタシってば、こんな悪人だったっけ????

くそーっ、こうなったら極悪非道、強欲女を極めてやるぅぅぅぅ。




ちなみに。
違うサイトでは、


悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪悪。
笑。



↑いや、これはこれで結構ウケるけどさ。
やっぱり『悪』からは逃れられないワケだ。


みんな、気をつけてね。
フフフフフフ。

夏休み。

海に。

山に。

ジンギスカンにバーベキュー。

健康的なホテルの朝食。



そして、
忘れかけていた、ささやかなトキメキ。

画像




















あああ、また明日から仕事だ・・・・。
0

フーシェ

子供と一緒に本屋の児童書コーナーに行く機会が多いが、
私はそこで時々出逢う。
運命の本、というのは少し大げさかもしれないけど。


『フーシェ』という絵本に出逢ったのは、つい先日のこと。
表紙いっぱいに描かれた、優しくてかわいいけれど何処か寂しげな表情の『フーシェ』。
私は思わず手に取った。


*****


陽の当たらない路地裏でひっそりと咲く、弱々しい1本の小さな花。
それを見守る、ひとりぼっちの野良犬フーシェ。
フーシェのために、毎朝こっそり店の裏にパンを置くパン屋の男。

鉛筆だけで描かれた、色のないモノクロの街。
でも、そこに描かれるフーシェも花もパン屋の男も、何処か温かい。
不思議とそこだけ、ポツンと色があるように思えたりする。

「君がここにいること、僕は知っているよ」
孤独だった小さな花にはフーシェがいた。
孤独だったフーシェにはパン屋の男がいた。
花はフーシェに守られ、フーシェはパン屋の男に守られ、
パン屋の男はフーシェに心救われていた。
本当は、誰も、ひとりぼっちじゃなかった。


私は、大人になった今でも、時々得体の知れない孤独感を感じることがある。
だけど、私はひとりぼっちじゃない。
誰かを守り、守られるということ。
短い文章の中で、
7歳になったばかりの息子がそれを読み取るのは、もう少し先のことかもしれない。
これから先、
とてつもない孤独感に襲われる日や、何をしても苛立ち、心が晴れない日、
何もかもが疎ましい、そんな日もくるだろうと思う。
だけど、忘れないで。
何があっても、君はひとりぼっちじゃない。


そんなことを思いながら、この『フーシェ』を、息子の机の本棚に入れておこう。


悲しいけれど、温かい。
また一つ、良い本に出逢った。


http://shinpusha.co.jp/



将来有望

小児科の待合室にて。

本棚でチビッコの本を探していたワタシ。
すると、1歳ちょっとくらいか、ヨチヨチ歩きの男の子が近寄ってきた。
男の子は、気に入った本がないのか、絵本をガシガシ放り投げている。

ワタシは仕方なく、
「ど、どんなのがいいのかな~???アンパンマンかな~???」
と、声を掛け、アンパンマンの絵本を取って見せた。
しかし、男の子は、
「んッ、んッ」
と、アンパンマンを強く拒絶した。
「ア、アンパンマンじゃないかー・・・・」


すると、彼はワタシに、本棚の隅を指し示した。

「んッ、んッ、んッ!!!」

彼の指す先にあった本・・・・














『秀吉  原作/堺屋太一』








・・・・・(-_-)。

シブいよ、あんたはシブ過ぎる。
しかし、ワタシは取ってあげるべきなのか?
このハードカバーの『秀吉』を。
私は彼を見た。
への字に結んだ口元に、彼の強い意志を感じる。
まあ、いい。
君がそこまで言うのなら。
君は目の付け所がいい。
『秀吉』を読んで、立派な大人になりなさい。







・・・・・・。








っていうか、

このコのかーちゃん来いよ!!!!

ランチサービス

会社の同僚と二人でランチに行った。
お店は、
透き通った塩味スープに海鮮がたっぷりのった『あさりラーメン』が人気のラーメン屋さん。
明るくて清潔な店内は他のお客でいっぱいだ。

私と彼女は、もちろん『あさりラーメン』を注文。
店員のお姉さんが「ランチサービスはどうしますか?」と聞いてきたので、
私は言った。








「じゃ、スカートの丈つめ」






同僚の彼女も、
「私もー」


店員のお姉さんは、
「あさりラーメンと丈つめですね?」と確認してカウンターに消えた。



暫くすると、
店の外に、赤いリボンを着けた三つ編みにセーラー服姿の中居くんが見えた。

「こっち、こっち。遅かったじゃん」
と私が呼ぶと、中居くんは「わりぃわりぃ」と謝りながら店に入ってきた。

さっきの店員のお姉さんが注文をとりにやってきた。
中居くんも、やはり、『あさりラーメン』を注文。
そして、やはり、「ランチサービスはどうしますか?」と聞いてきた。

中居くんが暫く悩んでいたので、
「私と○○ちゃんは、丈つめにしたよ」
と私が言うと、中居くんは暫く考えた後、
「あー、オレは丈つめはいいやー」と言った。

店員のお姉さんは「じゃ、ランチサービスは無しでいいですね?」と確認し、
また、カウンターに消えた。







******






という夢を見たのを思い出しました。





結局、夢オチ。

入学したキミへ

4月。

入学式の頃に桜が満開になるのは久しぶりかもしれない。
真新しいランドセルにスーツ姿のキミの後ろで、桜の花びらが校庭に舞う。
緊張した面持ちで自分の席に座り、不安げな眼でこちらを見るキミ。
大丈夫。
今日から一年生なんだから。

******

入学して1週間程したある日の大事件。
学童に行く日にも関わらず、
担任の勘違いで学童に行かずに一人早々と帰宅してしまったことがった。

一人でマンションまで帰ってきたものの、玄関が開かない。
息子はまだ鍵を持っていない。
私は当然仕事。両親も外出している。
ど、どうしよう・・・・。

・・・駐輪所。

ママの自転車発見。
私は朝、雨が降っていたので徒歩で出勤したのだ。
自転車があるのに誰もいない。

不安が襲う。

暫く玄関トビラの横に座っていたが、少年は意を決して、行動に出た。

・・・定規。

早速、ランドセルの中から筆箱を出し、定規で玄関の鍵穴をガリガリ。

(=_=)少年よ、そりゃ無理だ!!!

そのうちトイレに行きたくなった。
ど、どうしよう・・・・。
そして少年は2度目の行動に出た。

・・・管理人さん。

少年はチャイムも鳴らさず、勝手に管理人さん宅の玄関を開けて言った。
「トイレ行きたい」
管理人さんもさぞビックリしたことでしょう。

その後状況を把握した管理人さんは、
部屋に上げトイレを貸し、おやつまで出してくれた。
30分ほど居座った後、管理人さんに自宅の部屋の鍵を開けてもらい、
両親が帰ってくるまでの2時間、独りで留守番していたそうな。
この間まで、10分で帰るからと留守番させても、
布団のマットレスと敷布団の間に隠れて、汗だくで待っていたのに。

玄関開けたときの両親の驚きもさることながら、
管理人さんに鍵を開けてもらうなんて、その発想と以外な行動力にオドロキ。
子供って時々思いがけないチカラを発揮するものだ。
きっと、本人はとてつもなく頑張った。
定規で鍵穴をガリガリやってる姿を想像すると、せつな過ぎて、あたしゃ泣けてくるよ。


知らぬ間に子供は成長しているもの。
学童の初日、知らない子ばかりの中でも何気なく会話に加わろうとしたり、
笑いかけたりしていた息子の姿を見ると、
学童のお母さん達、怖そうなヒトばっかでやだな~、なんてビビッてたアタシが恥かしい。
やや反省・・・(-“-)。
幼稚園より大きな、子供なりの社会の中で、試行錯誤しながらも一生懸命頑張ってる。
親が思っているより、子供はずっと強くたくましく生きている。


小学校に入学して、早1ヶ月。
新しい友達も増え、なんとか楽しく過ごしているようで、母としても安心です。
既に、女の子にチュウとかされてるらしいし(^_^;)。
どんな顔してされてんだか・・・。
勉強はあまり好きじゃないみたいだけど、ママもあんまり好きじゃなかったからね。
まだまだ初めてのことだらけの毎日。
いっぱい見て、いっぱい聞いて、いっぱい動いて。
いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい寝て。
で、ちょっと勉強して。

それでいいんだよ。


入学、おめでとう。

卒園したキミへ

3月。

2歳の馴らし保育から年長の6歳まで、4年間馴れ親しんだ幼稚園を卒園しました。
思えば4年間というのは本当に長い。
子供にとっては6年半生きてきたうちの半分以上を幼稚園で過ごしたことになるワケで。
最初の頃は、教室から脱走したなんてことはざらだし、
お弁当も給食もほとんど食べらなかったキミ。
そして今では、毎回お弁当は空っぽにして帰ってくるし、
「給食が足りねーッ!」と何とも頼もしい(?)お言葉で先生を困らせるキミ。

笑って泣いて遊んで転んで怒られてケンカして。
時には寂しい思いもさせたかな。
でも、毎日のいろいろな出来事を乗り越えて、
心も身体も大きく成長したキミの姿を見ると、私自身とても嬉しく思います。
卒園式の歌の練習をしている時、練習にも関わらず思わず泣いてしまったそうですね。
キミがそんな思いでこの4年間を過ごしてきたのだと思うと、
私自身も少しせつなくなります。
でも、その気持ちはとても大切なこと。
その気持ちと、お世話になった幼稚園やお友達、先生達へのたくさんの“ありがとう”の気持ちをいつまでも忘れないでいてほしいと切に願うハハでした。


卒園、おめでとう。

ぼくとペペロンチーノ。

サイゼリアで、隣りに座ってた高校生カップル。
男の子がちょっと大人ぶった感じでぺペロンチーノを注文した。
オレ、ペペロンチーノ結構好きなんだよねー、みたいな。
早速運ばれてきたペペロンチーノを彼がひとくち。


ゲホッガホッゴホッ!!!


彼女が「そ、そんなに辛いの?」
「そ、そんなことねーよ」と彼。
つーか、泣いてますけど?


私が世の中で一番好きな食べ物はペペロンチーノ。
私は、その彼の隣りでペペロンチーノWサイズを頬張る。
週3回くらいいけますぜ。マジで。
いや、だからってWサイズ食う私も私だけどさ。


・・・坊ちゃん、オトナへの道のりはまだまだ遠いようだねぇ。

!!!!!

ついついDQMに夢中になって・・・・いやいや忙しさに感けたら、
知らぬ間に前回の更新から2ヶ月も経ってしまったわッ\(◎o◎)/

うんうん、とりあえず生きてました。
いろいろあったけど。

3年ぶりくらいに携帯替えて、2週間で崩壊したり。
表参道のSMAPSHOPに行って、整理券配布を知らず、入店できなかったり
(つーか、話題が古いよ、アンタ)。
中野界隈サブカルチャー探求の旅に出たり。
特にこれといってトキメキも甘酸っぱい想い出もなくバレンタインが過ぎたり。
おチビと小淵沢で遊んだり。

・・・あ、そんなもんか。

まあ、DQMも少し落ち着いたので、またボチボチ更新していきマス。




・・・ホントかよ?

ゲームオタクって言葉は死語っすかねぇ?

どもども。
またしても更新ならず!!!
もう、FFⅥと、DQMのことでアタマが一杯で。
まあ、仕事もそれなりに忙しくて、
かなりお疲れモードっつーのもありますけどねぇ。

アドバンスで久々にFFやったら、懐かしさもあって、これがなかなかやめらない。
だって、あたしゃⅥが一番好きなんだもん。
自慢じゃないけど、サントラCD持ってるかんねッ。
いっその事、フィールドの音楽を携帯の着メロにしちゃいたいくらいよ!
ところで、シャドウは何処で仲間になるんだっけかな?
確か3人パーティにしとかないと仲間にならないんだよねえ?

ホントはさ、DQMが発売されるまでにFFを終わらせる予定だったのよね。
でもクリスマスに、チビッコがおばあちゃんにポケモンのダイヤモンドを買ってもらったから、さあ大変。
愛しのDSちゃんがチビッコに占領されてる~(ToT)/~
チビが眠った後にこっそりやってるもんだから、ちっとも進まないっすよ。
そんなうちにDQMが出ちゃうし。

DQMと言えば、3Dの操作に慣れてないもんだから、
おばちゃん、なんだか目が廻っちゃうわー\(◎o◎)/
ももんじゃが物凄い形相で追っかけてくるところも、恐ろしくて恐ろしくて。
只今、何とか島の北のほこらで、全滅されまくり。

DQも来年新作が出るらしいし!
あああああ、ありがとうDS(ToT)/
持っててよかったDS(ToT)/

もう、こうなったら“MyDS”をゲットよーッ!!!
色は水色ねッ(^_-)-☆
(・・・て、ほぼ買う気やな、あんた。つーか、あたし。)

・・・・・。

あら、やだ。
こんなこと書いたら、私、なんだかゲームオタクみたいじゃんね。
あ、近頃の若者は“ゲームオタク”とかって言わないのかしらん?
そもそも“オタク”って言葉すら聞かない世の中ですものねえ。
くうううう、せつないねー。



・・・・そろそろ、年賀状のプリントしよ。
大晦日じゃん、明日。
あ、今日か。

ご無沙汰bambino

最近ちょっとご無沙汰、伊藤陽佑くん出演の舞台「bambino+」に行ってきました。
今日は初日だったのねー。
なんかチケット取ったの、随分前だったから公演日忘れちゃって。
今朝、今日の公演を観に行くことが発覚した次第でありますf(^_^;)

歌舞伎町にも久々に行った感じ。
昔はよくこの辺で飲んでたけどねー。
相変わらず人が多くて、おばちゃん気持ち悪くなりそうよお~(=_=)
駅前で『私の詩集』・・・おっと『“志”集』だった。“こ・こ・ろ・ざ・し”ね。
志集300円で売ってるし。
昔も売ってたけど、違う人なのかなー。
ああやって詩集、じゃない志集を売ってる人は、世の中にそう多くはないと思うんだけど・・・。


・・・・・・。


ああ、「bambino+」。

お芝居とか今まで観たことがなかったので、
芝居の良し悪しとかあまりよく判らないけど、私は前作がすごく好きだった。
だから、またこうしてシリーズ化していくのは嬉しい限りです (*^_^*)
中でもすごく好きだったのが、ヨースケの歌う「雨、」。
また暫く、この歌を“ついつい口ずさんじゃう週間”がやってきそうです。
来年の次回作で、またヨースケの歌が聞けるといいなー。

ところで・・・・
ヨースケ、髪短ッ。
私的には、もう少し前髪が長い、去年の秋くらいの髪型が好きなんだけれども~。
↑って、なんじゃそりゃ\(゜ロ\)。

あ、そうそう。
今回通路側はお得ポイントっすよー。
もしかしたらボーイくん達がステージから降りてくるかも???
私は今日まさに通路側で、オイラの横をヨースケが何度も行ったり来たり。
いやっほう~(V)o¥o(V)

なんか、「これ本当に初演???」ってくらい異様に(?)盛り上がってた今日の舞台。
盛り上がっていた、と言っていいんですよねえ?
来年は東京、大阪、名古屋と公演があるみたいだし、また次回作が楽しみです。


あと、前作DVDのおまけ、 bambino会員証を持っていきましょ~。


http://www.nelke.co.jp/bambino/

パトラッシュには敵わない

また観ちゃったよー、名作アニメ一挙放送。
しかも今回は「フランダースの犬」
「母をたずねて三千里」も良かったけど、やっぱりパトラッシュに敵なし。
前回以上に号泣。

ちょっと前に、
木村くんが、フラダンス教室と犬を見かけて、
何だか急に「フランダースの犬」が観たくなっちゃう、みたいなフレッツのCMがあったっけ。
ラストシーン、木村くんはティッシュで涙を拭いてましたが、
私はタオル持参。
ティッシュじゃ足りないもんで(^_^;)。


******


実際のところ、私は「フランダースの犬」をリアルタイムで観た記憶はなくて、
子供の頃に再放送とかで観たような観ないような、
登場人物と大まかなストーリーくらいなら何となく・・・な感じでした。
でも、この数週間、気付けば頭の中で、
♪ランランッラ~、ランランッラ~、とネロとパトラッシュがスキップ。
息子のお弁当作りながら、着替えながら、食器洗いながら、
♪ランランッラ~、ランランッラ~、と口ずさむ日々。


・・・そりゃ1日に10話も観てれば、口ずさみたくもなるわい。


******


前半は、時折小さな出来事があるくらいで、
貧しいながらも幸せに暮らしているネロとおじいさん。
でも、回を重ねる毎に、
ネロの純粋な健気さ、おじいさんの寡黙で温かな優しさ、
そして強さと弱さが身に沁みて、せつなくて。

・・・で号泣(TOT)

特に、おじいさんの死から最終回までは本当にヤバかった。
おじいさんが亡くなって傷心のネロに追撃ちをかけるように、
濡れ衣を着せられ、町の人たちからの信頼も仕事も失うネロ少年。
世の中、いい人程、一生懸命な人程、世間に解ってもらえなかったりするものなのね・・・。


あああ、もう母さん、観ていられないよぅ(/_;)。


息子曰く、
「ネロはいい子過ぎて、オレはちょっとダメだなー」
だそうだ。
確かにネロはいい子過ぎる。
あんなに優しくて頭が良くて真面目で働き者で気が利く子供なんて層々いない。
パトラッシュだって、前世はきっと人間だ。状況を理解し過ぎてる。

でも、あたしゃ、キミにネロ程のいい子になってくれ、なんて言わない。

なんだかんだと言いながら、
テーブルの下に隠れて、こっそり涙拭ってたキミも十分いい子だから。



******



いつの日か、息子が大きくなって独立して、私独りになったら犬を飼うの。
名前はもちろん“パトラッシュ”よッ(≧▽≦)
パトラッシューッ、僕たちはいつでもいっしょだよーッ。

・・・軽い開き直り。

今日のトホホ。

『コラボ?』

私の前を歩いていたおばさま。
肩からルイ・ヴィトンのバッグを提げている。



でも、
よく見ると、




そのヴィトンのバッグには、











赤べこのキーホルダーがついていた。





・・・・・会津とのコラボ、かな。

『するめまんじゅう』ってロックバンドだったのねぇ。

『するめまんじゅう』の公式グッズ。
ヤバイ。
ちょっと欲しいかも。
私は、迷わずゲソストラップに応募。

『するめまんじゅう』って何だっけ?ってアナタはコチラ↓をチェック。

はい、ワープ。

http://www.hotpepper.jp/doc/scm/

最新版のCMも全部観れるよ~。
何度観ても笑えるっす。

DS、ついにGET♪

欲しいと思う時に何故か、ない。
『売り切れ』
『入荷未定』
『予約は受け付けておりません』
そんなことが続くと意地でも欲しくなってしまうのが人のココロ。


昔はかなりゲームやってたんです、これでも。
GBなんか3台持ってるし。
(って自慢にもならんわッ\(-o-))
DQやFFの新作とか出ると、「ドラクエ休暇」とか言って、会社休んで1日中遊んでたもんです。
ま、そんな会社に勤めていたので、それも許されたんだけど。
だけど、子供が生まれてからは、ゲームやってる暇なんかありゃしない。
ゲーム機本体(PSが最新機種(T_T))も押入れの奥深くに封印してしまった。

しかし、息子もそろそろゲームがやりたいお年頃。
この間、友達にDSをちょっと貸してもらったらしく、
「おもしろかったなー」「おもしろかったなー」と言いつつ、ショボくれてみたりするワケです。

そこまで言われてはハハが廃る!
それじゃ、いっちょ買っちゃいますかー!?DS!!!


って言うか、私もやりたいのでッ (V)o¥o(V)


*****


と、意気込んでみたものの・・・
売ってないのよー、これが。
本当に何処も売り切れ。

そんな折、ヨドバシカメラは毎週土曜日に確実に入荷しているという情報を入手したのでありマス。
各色入荷されるらしいし、どーせなら『FFⅢ』も一緒にゲットよ!!!


土曜日のヨドバシ。
マジで買えちゃいますぜ、DS。
開店前から並んだけどネ。
30分前に行って、15番目くらい。開店時は結構いました。

カラーも選べて、難なくゲット!
息子よ、私達も念願のDSユーザーになれるのね~!
これで友達に置いていかれずに済むのよ~。

でも、でも、でも。

「『ファイナルファンタジーⅢ』は売り切れです。」

ええええ~ッ。
そ、そりゃないよぉ。
にゅ、入荷予定は・・・・

「未定です。」

そんな~、ヨドバシのお姉さん、ちょっとひど過ぎだわ。
それじゃあ、私が今DSを買う意味がないのよォォォ(ToT)。


結局、息子が欲しがっていた『デジモンストーリー』を購入 (-“-)。
ま、仕方ないか。
はあ、やりたかったな、FF。
でも、何処かでFFが買えたとしても、
一日中デジモンのことしか考えてないチビ助がDSを貸してくれるワケないか。
「息子に買ってあげるフリして私が独り占め作戦」は失敗に終った。

・・・・トホホ。



*****


行列の中、レジカウンターで、オジサンが自信たっぷりに言った。

「DSの、をッ!」

周囲「?????」
店員「あ、赤・・・は置いてないんですけど・・・」

うんうん、確かに最初のDSには赤もありました。
シルバーとかならともかく、赤を買おうと決心するにはやや勇気がいるハズ。
しかし、その小さな勇気はあっけなく挫かれ、
オジサンは私と同じ、無難な白を購入していったのでありました・・・。

ちゃんちゃん。