あたしゃ木場ちゃんが好きだねぇ。

お久でござんす。
なにやら今日も暖かいですなぁ。
世の中すっかり春だわね。
というか、何だか急に春っぽくなってしまったので、
季節の変わり目にイマイチ順応できないオイラでございます。

で、オイラがなんでこんなに更新してなかったかと言いますと、
(ま、誰もそんなこと気にしてやしませんが)
1月の中旬くらいからずーーーーーーーっと“一人読書週間”が続いてまして。

そう、その頃、急に平日にお休みが貰えたんで、
なんとなく一人ぼっちで映画を観に行ったワケ。
前々から観たかった『魍魎の匣』。
京極好きのオイラとしちゃ、やっぱ観に行かんとね。
と思って観に行ったらさ、なんだか無性に京極が読みたくなっちゃって。
それからずっと読書三昧。
『魍魎の匣』を読み終わったら、読んでなかった『陰魔羅鬼の瑕』『邪魅の雫』、
それからあまりの長さに再読を敬遠してた『塗仏の宴』・・・・・。
ああああ、もう止まらねぇ。

まあ、正直言うと、
その頃のオイラは、本でも読んで気を紛らせないとやってけないくらいの心境だったもんでね。
要は読書に現実逃避したワケさ。
フフフ。

仕事もチャリ通勤だし、
家に帰ればチビッコのDSやらカードバトルやら、
学校から仕入れてきた謎な遊びにつきあってると、ゆっくり本を読む時間なんて当然皆無。
となると睡眠時間を削るしかないの。
でも寝る前に1、2時間でも本を読むと余計なことを考えずにすむしね。
昔からオイラは恋愛モノだのエッセイだのは個人的にはどーでもいい部類。
正直、つまんねぇ。
やっぱり京極くらい読み応えないとねッ!!!
もう暫くの間、しっかり逃避させてもらいますぜ。
(要するに↑の心境は改善されてないワケやね・・・・トホホ)


******


まだ『塗仏の宴』読み中なので、早速続きを読んでこなきゃ。
チビッコが友達の家に遊びに行ってる今のうち。
うんじゃら、さいなら~。

次の更新はいつになることやら・・・。


京極夏彦オフィシャルHPはコチラ↓
http://www.osawa-office.co.jp/write/kyogoku.html


ああ、そうそう。
タイトルの”木場ちゃん”っていうのは京極堂シリーズに出てくる刑事さんのこと。
映画の方では宮迫博之がやってました。

ちょっとだけ、あの人似。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック