入学したキミへ

4月。

入学式の頃に桜が満開になるのは久しぶりかもしれない。
真新しいランドセルにスーツ姿のキミの後ろで、桜の花びらが校庭に舞う。
緊張した面持ちで自分の席に座り、不安げな眼でこちらを見るキミ。
大丈夫。
今日から一年生なんだから。

******

入学して1週間程したある日の大事件。
学童に行く日にも関わらず、
担任の勘違いで学童に行かずに一人早々と帰宅してしまったことがった。

一人でマンションまで帰ってきたものの、玄関が開かない。
息子はまだ鍵を持っていない。
私は当然仕事。両親も外出している。
ど、どうしよう・・・・。

・・・駐輪所。

ママの自転車発見。
私は朝、雨が降っていたので徒歩で出勤したのだ。
自転車があるのに誰もいない。

不安が襲う。

暫く玄関トビラの横に座っていたが、少年は意を決して、行動に出た。

・・・定規。

早速、ランドセルの中から筆箱を出し、定規で玄関の鍵穴をガリガリ。

(=_=)少年よ、そりゃ無理だ!!!

そのうちトイレに行きたくなった。
ど、どうしよう・・・・。
そして少年は2度目の行動に出た。

・・・管理人さん。

少年はチャイムも鳴らさず、勝手に管理人さん宅の玄関を開けて言った。
「トイレ行きたい」
管理人さんもさぞビックリしたことでしょう。

その後状況を把握した管理人さんは、
部屋に上げトイレを貸し、おやつまで出してくれた。
30分ほど居座った後、管理人さんに自宅の部屋の鍵を開けてもらい、
両親が帰ってくるまでの2時間、独りで留守番していたそうな。
この間まで、10分で帰るからと留守番させても、
布団のマットレスと敷布団の間に隠れて、汗だくで待っていたのに。

玄関開けたときの両親の驚きもさることながら、
管理人さんに鍵を開けてもらうなんて、その発想と以外な行動力にオドロキ。
子供って時々思いがけないチカラを発揮するものだ。
きっと、本人はとてつもなく頑張った。
定規で鍵穴をガリガリやってる姿を想像すると、せつな過ぎて、あたしゃ泣けてくるよ。


知らぬ間に子供は成長しているもの。
学童の初日、知らない子ばかりの中でも何気なく会話に加わろうとしたり、
笑いかけたりしていた息子の姿を見ると、
学童のお母さん達、怖そうなヒトばっかでやだな~、なんてビビッてたアタシが恥かしい。
やや反省・・・(-“-)。
幼稚園より大きな、子供なりの社会の中で、試行錯誤しながらも一生懸命頑張ってる。
親が思っているより、子供はずっと強くたくましく生きている。


小学校に入学して、早1ヶ月。
新しい友達も増え、なんとか楽しく過ごしているようで、母としても安心です。
既に、女の子にチュウとかされてるらしいし(^_^;)。
どんな顔してされてんだか・・・。
勉強はあまり好きじゃないみたいだけど、ママもあんまり好きじゃなかったからね。
まだまだ初めてのことだらけの毎日。
いっぱい見て、いっぱい聞いて、いっぱい動いて。
いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい寝て。
で、ちょっと勉強して。

それでいいんだよ。


入学、おめでとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック